元祖☆にょじやまラーメン(サッカー味)

京都サンガF.C.を中心に、サッカー素人によるサッカー観戦記です

京都サンガF.C. VS 松本山雅FC

f:id:nyojiyama:20200823231700j:plain

大胆にメンバーを入れ替えた新潟戦から中3日。先発メンバーは、基本的にいつもお馴染みのメンバーに落ち着きましたが、左のストッパーは本多が戻ることなく麻田が引き続き先発、福岡も新潟戦に引き続き先発出場となりました。

先制点はウタカのストライカーらしいゴール。あー言うのを見せつけられると、ピッチで思わず彼にパスを集めたくなるのも分かります。が、新潟戦同様にリードを守り切れず、本日については逆転を許してしまいます。山雅の選手はよく分かりませんが、交代出場してきたセルジーニョの風貌を見た時に嫌な予感がしたら、そういうのに限ってよく当たります。逆転弾となったスーパーフリーキックは相手を褒めるしかありませんが、1失点目につながるクロスについては2人で止めにいって躱された時点で勝負ありでしょう。

中野の新潟戦に続いてのゴールで何とか勝ち点1を拾うことができました。以前だったら大々的にふかしていたと思うので、プロ初ゴールをやっと決めた心の余裕があのゴールを生んだのかもしれません。

勝ち点3が欲しかった試合なので、残念な結果だったなぁと思います。

アルビレックス新潟 VS 京都サンガF.C.

f:id:nyojiyama:20200819232417j:plain

先日の金沢戦に続くアウェイ2連戦。しかも、中2日での戦いってことで選手の入れ替えは予想していましたが、想定をはるかに上回るものでした。ここまで全試合出場していたバイス、庄司のほか、金久保がスタメンから外れ、上夷とルーキーの川崎が今シーズン初出場。上月が今シーズン初スタメン、ルーキーの谷内田が2度目のベンチ入りってな具合で、ワクワクとおなじくらいドキドキハラハラな選手起用となりました。

特に後半はボールが収まらずに苦労しましたが、攻撃に転じた時は見ごたえのあるサッカーを見せてくれました。ルーキーの川崎が起点となって、中川のシュート→こぼれだまを押し込んだ中野のゴールシーンは見事でした。中野はプロ初ゴールおめでとう。川崎はこのシーン以外も良かったし、福岡も含めた中盤3人はこの先も貴重な戦力になると思いました。あと、右サイドで起用された上月もスケールのデカさは垣間見えたし、サイドのポジション争いに絡んできて欲しいと思いました。

追いつかれたのは残念でしたが、アウェイの勝ち点1はよくやったのではないでしょうか。

京都サンガF.C. VS 水戸ホーリーホック/ツエーゲン金沢 VS 京都サンガF.C.

f:id:nyojiyama:20200817230409j:plain

f:id:nyojiyama:20200817230424j:plain

2試合まとめて更新します。悪い結果の試合の時は、手短に済ませますのでご了承願います(苦笑)。

水戸戦は殆ど見れておりませんので、特に語ることはありません。ただ、2度もリードしたにもかかわらず、2度とも早々に追いつかれてしまったのは勿体なかったと思います。

金沢戦は、相手チームの主力が欠けたにも関わらず、完全な力負け。一応ボール支配率こそ高かったですけど、金沢のプラン通りの試合展開だったのではないでしょうか。實好監督の選手起用にはそんなに不満はないのですが、石櫃のセンターバック起用だけはメリットが全く感じられないので、緊急事態以外はヤメにしていただきたいです。ひょっとしたら、既に緊急事態なのかもしれませんが(爆)。

守備に関しては、中盤3人と両ウイングバック、攻撃に関しては、両ウイングバックの奮起が期待されます。飯田、荒木ともにあんまり良さが出てない気がするんですよねぇ。

モンテディオ山形 VS 京都サンガF.C.

f:id:nyojiyama:20200809004607j:plain

対戦相手の山形は、京都に所縁の強い石丸氏が監督に就任しています。石丸体制を経験している選手で京都に残っているのって、本多、宮吉、清水、石櫃くらいしか残っていないはずです。時が過ぎるのは早い。

続きを読む

京都サンガF.C. VS FC町田ゼルビア

f:id:nyojiyama:20200803233926j:plain

試合前、町田の選手1名から新型コロナウイルス感染症の陽性反応がでたことが発表され、さらなるコロナウイルスの感染拡大、試合の中止、両方で心配されましたが、結局予定通り試合は開催されました。町田の遠征メンバーに、陽性反応が出た選手の濃厚接触者はいないという説明でしたが、選手たちをコロナウイルスから守るという観点で、ほんとうにこれで良かったのだろうかと疑念が残ります。

試合の方は、開始早々を除けば攻める京都/守る町田の構図が出来上がり、京都が圧倒的な支配率で試合を進めながらも、攻め切ることができない焦れる展開となりました。結局これって、町田のプラン通りの試合展開と言えますよね。こういう時って、相手に少ないチャンスを決められて、そのまま試合が終わってしまうってことが往々にして起こるのですが、3バックと若原を中心にした鉄壁の守りで、町田に得点を許しませんでした。

試合終盤、待望の先制点をバイスが決めた!と思いきやオフサイドで取り消された時には嫌な予感しかしませんでしたが、中川→ジュニーニョ→ウタカと渡って、シュートのこぼれだまを金久保が押し込んで決勝点。7分のロスタイムも、6バックにフォーメーションを変えた徹底的な逃げ切り策が成功してホーム4連勝となりました。

金久保の驚異的な運動量、バイスの鉄壁の守りが印象的な試合でした。谷内田が見たかったけど、近いうちにその機会が訪れるのでないかと思います。

ファジアーノ岡山 VS 京都サンガF.C.

f:id:nyojiyama:20200729231405j:plain

ミッドウイークの試合ということで結構選手を変えてきました。一番の驚きだったのが、麻田の先発起用。序盤ちょっと怪しかったけど、時間の経過とともに落ち着きを取りもどした感じで、悪くはなかったんじゃないでしょうか。ディフェンス陣は森脇の怪我や、怪我明けの本多など厳しい状況は続いているので、今をチャンスと考えて麻田には頑張ってほしいです。

ほかに今日先発起用された中では、中野も良かったんじゃないかと思います。去年は主にウィングで起用されてましたが、今日のように真ん中の方が適正があるように思いました。

試合の方は京都の方がシュートを撃っていたのに、岡山の初シュートが先制ゴールになった嫌な展開。「これが入らんかぁ」って決定機を決め切れずにコーナーキックに逃れられたところ、コーナーキックからあっさり追いついたのには驚きました。

石櫃のセンターバック起用は相変わらずドキドキもんでしたけど、若原やバイスの活躍で何とか同点で試合を終えることができました。次節に向けては金久保や庄司の消耗具合が心配なところです。

V・ファーレン長崎 VS 京都サンガF.C.

f:id:nyojiyama:20200726155030j:plain

負けた時は、軽く振り返るスタイルなので、ご了承願います(苦笑)。

点差以上の力の差を感じた試合でした。後半、かなり攻め立てた体にはなりましたが、ボールを持たしてあわよくばカウンターから追加点って相手の術中にはめられた感じです。まぁ、チーム力の差がそのまま試合結果になった印象です。決勝点となった相手のシュートは上手かったですけど、決して不運なんかではなく、いいクロスを入れさせたし、シュートを撃たせてしまったし、そこは最も反省すべき点かなと思います。

分かっていたことですが、先制されるとそのあとはウタカ頼みになってしまって、まぁそれはある意味仕方ないことですけど、それならばウタカに数多くシュートを撃ってもらえるようにしなければなりません。中盤の3枚は非常にハードワークでウチの生命線になってるんですけど、得点機会の演出って点では物足りなさも感じます。「お前は過労死させる気かっ!」って声も聞こえてきそうですけど(苦笑)、せめて交代出場の中川とかもっと頑張ってほしいです。くれぐれも言っておきますけど、中川だけが悪いと言ってるんじゃないので、お間違いなきよう(苦笑)。